横須賀市長記者会見(9/15)について

最終更新: 2020年10月21日

(9月15日に行われた横須賀市長の記者会見の全文はこちら)

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0520/mayor_w/press/20200915.html



私たち横須賀港運協会は、9月15日の横須賀市長記者会見における発言について、以下のように異議を唱え、反論します。



(横須賀市ホームページより抜粋:1)



①「協会とさまざまな議論を積み重ねてきた。過失はない。」

→ ・機関決定がされる前に一度も相談や説明を受けていない。

   今日まで議論らしき議論を行ったことはない。



②「半年間にわたり、代替案を提示してきた。」

→ ・港湾関係者からみれば常識外の愚案そのもので、

   まっとうな代替案を示すに至っていない。




(横須賀市ホームページより抜粋:2)




③「当初から行き違いがあったことは、認識不足で率直に反省。」

→ ・港湾行政の進め方・認識不足が、港湾関係者や近隣住民に

   犠牲を強いる事態を招いていることに対して、

   本当に反省しているのか。

→ ・また、どう反省し、その反省をどう活かしているのか、

   いっさい過失がなかったと思っているのか問いたい。



④「フェリーと共存は可能と考えている」

→ ・市は、港湾・海運の事業形態を知らないにもかかわらず、

   素人的な目で安直に共存できると言っている。



(横須賀市ホームページより抜粋:3)



⑤「交渉は終了した。」

→ ・なにひとつ論理的かつ有益な議論を行わないまま、

   交渉を打ち切った。

→ ・終始、根底において議論を避け続けている。

226回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

報道関係宛声明文

報道関係宛声明文 令和2年12月16日 相模運輸倉庫株式会社 代表取締役社長 鈴木 稔 2018年12月、横須賀市から突然の「新規フェリー就航計画」が 発表され、提訴した今日まで次の3点の問題が明確になりました。 <3点の重要問題> 1.経済効果の検証 2.周辺住民への影響調査 3.既存事業者(港運協会)とフェリー会社との十分な協議 1、経済効果の検証 横須賀市長は「フェリー就航で物流だけでなく人

【10/9】フェリー就航についての説明会

2020年10月9日(金)19:30から、横須賀市の港湾計画関係者をお呼びして、近隣マンション自治会主催の説明会が開かれます。 来年7月に横須賀新港ふ頭で就航予定とされる、横須賀-北九州フェリー就航について、 近隣住民のみなさま・関心・不安などお持ちのみなさまはどうぞお越しください。 横須賀新港ふ頭ではフェリーのための工事が始められております。 しかし、横須賀市はいまだに住民のための説明会は開いて

 

©2020 by 横須賀港運協会