報道関係宛声明文

報道関係宛声明文 令和2年12月16日 相模運輸倉庫株式会社 代表取締役社長 鈴木 稔 2018年12月、横須賀市から突然の「新規フェリー就航計画」が 発表され、提訴した今日まで次の3点の問題が明確になりました。 <3点の重要問題> 1.経済効果の検証...

横須賀市から提示された代替案

「横須賀市からはどのような代替案が提示されたのか」というご質問が多くなってきましたので、実際に提示された案を記します。 <横須賀市から提示された代替案> 【平成ふ頭荷さばき地(ave裏)の、 輸出用完成自動車の仮保管場所としての使用】...

横須賀市長記者会見(9/15)について

(9月15日に行われた横須賀市長の記者会見の全文はこちら) https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0520/mayor_w/press/20200915.html 私たち横須賀港運協会は、9月15日の横須賀市長記者会見における発言につい...

【10/9】フェリー就航についての説明会

2020年10月9日(金)19:30から、横須賀市の港湾計画関係者をお呼びして、近隣マンション自治会主催の説明会が開かれます。 来年7月に横須賀新港ふ頭で就航予定とされる、横須賀-北九州フェリー就航について、 近隣住民のみなさま・関心・不安などお持ちのみなさまはどうぞお越し...

雇用をまもりたい

横須賀新港-新門司港を結ぶフェリーが就航したとき、横須賀新港でずっと事業をしてきた既存の港湾事業に支障が出るだけでなく、事業者の雇用が失われる懸念すらあると私たちはみています。 フェリー就航で業務にもっとも大きな影響がでるのは、完成自動車の海外輸出事業と冷凍マグロの輸入事業...

連絡先

ご意見・お問い合わせはこちらへお願いいたします。 メール: yokosuka-7@itg.bcj.ne.jp